So-net無料ブログ作成
検索選択

それぞれの世界

知り合いの画家である、オーライタローさんとおおらいえみこさんご夫妻の個展へ@小伝馬町 JINEN GALLERY
以前、私も参加させていただいた銅版画のサークルでご一緒し、
お二人それぞれが描く世界を何度か楽しませていただいたけれど、
いつも思うことは、タブーである“絵に触れる“ということへの欲求との葛藤だ。
タローさんの絵は実在する建築物(歳月を感じるもの)を多く描いていらっしゃって、
彼が現場に立っていたその日の天候はどうだったのだろうか、コンクリートの壁は冷たいのだろうか
などと、思わずその質感を確かめたくなる衝動にいつもかられる私。
えみこさんの描かれるものも、空想的であるようで現実におこる風景であり、
陽気な人々からは歌声も聞こえて来るような気分になる。
これは旅だ。
ああ、なんという贅沢な空間なんだー!
と感動しているとこで、はい、幼稚園お迎えの時間っと。
後日、また改めて旅に出よう。
画廊が我が家から程近くて嬉しい限り。
DSC_1824.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。